« 第54回秋ヶ瀬定例大会 | トップページ | 第56回秋ヶ瀬定例大会 »

2017年2月16日 (木)

第55回秋ヶ瀬定例大会

Blog_01Blog_02
 去る、2月12日(日)に、さいたま市桜区にある秋ヶ瀬公園希望の国グラウンドにおいて、第55回秋ヶ瀬定例大会が開催されました。この冬2度目となる最強寒波で日本海側の地方では大雪となっていました。関東地方はからからの晴天が続いています。この日も朝から快晴となり風も穏やかでしたが、午後あたりから時折突風が吹くコンディションとなりました。前回大会に比べるとエントリー数は少なかったのですが、それでも100チームを超えるエントリーがありました。エキスパートディスタンスより競技がスタートしました。
Blog_03Blog_04
フリースタイルオープンでは、予選ラウンドが行われ上位5チームが決勝ラウンドに進みました。予選4位の堀貴&ニーナチームが決勝ラウンドでは28.78ポイントを加算トータル57.43ポイントで3位に入りました。予選2位の堀江卓也&可憐チームが決勝ラウンドで28.34ポイントを加算し、トータル59.34ポイントで2位に入りました。予選トップの稲葉孝典&FORDチームは決勝ラウンドで30.07ポイントを加算し、トータル61.33ポイントで優勝を飾りました。
Blog_05Blog_06
エキスパートディスタンスでは予選ラウンドが行われ上位5チームが決勝ラウンドに進みました。予選トップと5位までのポイント差が9ポイントと優勝してもおかしくない僅差で決勝ラウンドに進みました。決勝ラウンドでは、予選5位の斉藤暢子&Lemoneチームが決勝で27ポイントを加算しトータル76ポイントで3位に入りました。予選トップの後藤幸一&SKYチームは決勝ラウンドでは20ポイントにとどまりトータル78ポイントで2位に後退、予選4位の門脇昌之&Turboチームは決勝ラウンドでは28ポイントを加算しトータル81ポイントで逆転優勝を飾りました。風の影響かあまりポイントが延びずに各チームが苦戦した決勝ラウンドでした。今大会から、開会式の前にスローイング練習を行っていますが、ルールを少し変更し、5分ごとに順番に投げるようにしました。投げている最中にディスクを拾いに行き怪我をするケースが想定されました。大会が始まる前に怪我をしてはせっかくの楽しい時間が台無しです。皆様のご協力をよろしくお願いします。次回大会は3月12日(日)です。日も延びて暖かくなっていると思いますので、是非ご参加ください。












« 第54回秋ヶ瀬定例大会 | トップページ | 第56回秋ヶ瀬定例大会 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506016/64892992

この記事へのトラックバック一覧です: 第55回秋ヶ瀬定例大会:

« 第54回秋ヶ瀬定例大会 | トップページ | 第56回秋ヶ瀬定例大会 »